猟友会とは、狩猟者のための公益団体です。

高知県猟友会 概要

  • HOME »
  • 高知県猟友会 概要

猟友会とは

猟友会とは、狩猟者のための公益団体です。大日本猟友会と各都道府県猟友会があります。
高知県猟友会は、野生鳥獣の生息環境をはじめ自然環境全体に強い関心を持ち、これを基本理念とし「野生鳥獣の保護」「有害鳥獣の駆除」及び「狩猟の適正化」を事業の基本施策にしています。

設立目的

狩猟道徳の向上、野生鳥獣の保護、有害鳥獣駆除及び狩猟の適正化を図り、もって狩猟の健全な発達と生活環境の改善に資すること。

沿革

昭和9年猟友会発足
※県下15署の各警察単位による猟友会が発足した。
※昭和11年 県猟友会を設立するよう農林省より指示。
昭和13年高知県猟友会発足
安田 譲 (初代会長 高知県警察部長)
 ※発足から終戦後(昭和22年3月警察の機構改革までは)・・・
  ・時の警察部長が会長を務めた
  ・副会長は保安課長と狩猟者より選任1名が務めた。
   (事務全般は警察保安課の狩猟主任官)
昭和23年社団法人高知県猟友会 認可
1 臼井 壽馬(昭和22年 初代会長)
  ※昭和23年 社団法人として認可される。
           (猟政事務が警察から県林務課に移管。)
2 西村 正徳(昭和23年~昭和24年)
3 入交 太蔵(昭和24年~昭和28年)
4 寺尾   豊(昭和28年~昭和29年)
5 真島 繁馬(昭和29年~昭和30年死去)
6 臼井 壽馬(昭和32年~昭和47年)
7 島﨑 薫信(昭和48年~昭和50年)
8 金澤 清光(昭和51年~平成2年)
  ※昭和54年 小津町に現在の会館を設立した。
           (県が行っていた初心者講習会を猟友会が主催する。)
9 渡辺 寿雄(平成3年~平成9年)
10 松元 忠重(平成11年~平成21年)
11 山口 恵生(平成21年~平成23年)
12 高橋   徹(平成23年~)
  ※以上12代11名が会長となり、75年の節目を迎えた。
平成25年一般社団法人高知県猟友会 移行認可
13 高橋   徹
  ※平成25年4月より一般社団法人に移行した。(現在の会員数3875人)

役員顧問名簿  事務局名簿
kessan_bt_off  

主な事業活動

①野生鳥獣の保護増殖事業
高知県猟友会は、毎年2回キジの放鳥事業を行なっています。
(平成24年度は、10・11月に120日幼鳥キジを約1,500羽、2月・3月に成鳥キジを約1,500羽放鳥しました。)

②狩猟事故・違反防止対策事業
高知県猟友会は狩猟事故・違反の根絶を目指して取り組んでいます。
特に、毎年の猟期前の射撃練習の実施及び事故・違反防止講習の受講の徹底と目立つ色彩の猟装(帽子やベストを全会員に配布)の着用の徹底を図る等、もろもろの対策を講じています。
また、狩猟事故・違反防止を担当する指導員の委嘱と養成を行なうとともに、安全狩猟射撃大会の開催を通じて、安全狩猟のより一層の普及を推進しています。

③狩猟事故共済保険事業
高知県猟友会では、鋭意、狩猟事故の防止に努めていますが、事故が発生した場合の狩猟者(構成員)の生活の安定と福祉を図るため、狩猟事故共済保険制度を設けています。
過失により狩猟者(構成員)が他人の生命又は身体を害した場合、構成員自らの生命又は身体を害した場合には、保険金が給付されます。

お気軽にお問い合わせください TEL 088-856-6641 受付時間:9:00~17:00

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 一般社団法人 高知県猟友会 All Rights Reserved.
Produce by Kojyanto.net.